メインイメージ

廃車と買取り

廃車と買取りにおける一時抹消


廃車の場合でも、また自動車買取りの場合でも、運輸支局で一時抹消登録を行う場合があります。その後にまた中古車新規登録を行えば乗れることに違いはありませんが、その分手間はかかります。

廃車には厳密に言えば3種類あって、まずは一時抹消登録です。これは自動車の前後についているナンバープレートを外して運輸支局に返納して所有者の印鑑登録証明などをそろえれば、この手続きはできます。ナンバープレートを外している以上、当然ですが公道は走れません。

これに対して永久抹消は、自動車そのものを解体つまりスクラップにしてしまった場合で、この場合には一時抹消と異なり中古車新規登録などでまた登録ができることはありません。

少し特殊なのが運輸支局の職権で抹消する職権抹消登録です。車検が切れてから3年程度経過すると運輸支局からその自動車に関して、運輸支局の職権で抹消してもいいかどうかを尋ねられます。

つまり運輸支局が廃車手続きを勝手にしてくれるというメリットがあります。この際、たとえば所有権を留保している場合、自動車にローンが残っている場合などはそのまま抹消されると普通困るので、大抵の場合は所有者から断りの連絡が入るのが一般的です。

廃車にせよ買取りにせよ、その自動車の名義については真剣に考えておく必要があります。名義が残ったままの場合、廃車をしていない場合には、その自動車の名義は生きていることになります。

もし売却などをしていても名義が残っていれば、自動車税の納税通知書などは名義人のもとに着ますから税金は支払わないといけませんし、また万が一交通事故などがあった場合には、車検証上の名義人の責任が問われる可能性がありますので、もし売ったりした場合には速やかに名義変更かあるいはいったん抹消登録をして、その後に中古車新規登録で改めて所有者や使用者などを決めてからその自動車に乗るといった対応が必要になります。

この場合では抹消登録をするわけですから、月割りで自動車税が還付されます。その代わりに新しい所有者が中古車新規登録をした際に月割りで自動車税を支払うことになります。

このように、自動車税の納税や交通事故時の責任などの問題もあるために、できるだけ名義変更などの手続きをしっかりと行うことがとても大切になります。手続きをしていなかったがために大変なトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、しっかりと名義が誰なのかを把握する必要があります。

Copyright© 2014廃車処理について、得をする方法をお伝えします。 All Rights Reserved.