メインイメージ

Archive for the ‘未分類’ Category

「リサイクル」とは。

2014-10-13

廃車にまつわる「リサイクル」とは。


現代の世界ではどのような地域であっても「地球環境」に配慮した発展が求められるようになっています。

これまでは無料で捨てることができたゴミも消費者に環境負荷を負担させるためにお金を払う必要が出てきましたし、無制限に排出することができた排気ガスなども厳しい制限が課せられることとなりました。

現代の世界ではいかにして有限な資源を有効活用するかということが求められているのです。

そうした中で非常に速いペースで進化を見せているのが「廃車を取り巻くリサイクルの在り方」です。これまではガソリンやエンジンオイルなどの危険性の高い成分を除去した後で鉄くずにされていた廃車は、現在様々な方法でリサイクルされるようになっているのです。通常、廃車として捨てられるような自動車は何らかの理由によって「通常使用ができない」と判断されたものということになります。
特に多いのが交通事故などによって不動車となってしまったというような廃車ですが、動かなくなってしまった廃車だからといって、あらゆる部品が壊れているというようなケースは稀です。

例えば部品のトラブルによってエンジンが破損してしまったために動かなくなってしまった不動車というような場合、外装には傷が殆どないというようなことがあります。

外装にもし傷が無く、そのまま車に取り付けて利用することができるというような場合であればそれは鉄くずではなく「外装」として扱うのが自然なことでしょう。

そうした場合には廃車工場にてボンネットやドア、ガラスといったような外装部品が取り外され、個別に管理された上で「修理部品」として出荷・再利用されることとなります。

廃車に取り付けられていたタイヤの場合であっても、ゴムの部分が多く残っているというような場合には裁断・溶解などを経て、工業部品などに用いられる再生ゴムとして利用できるようになりました。

これらの他にもエンジンをはじめとする諸所の部品のうち、致命的なトラブルが発生していないというようなものであれば、動作テストなどを行った後に不調個所を修理したり、オーバーホールをすることによってリユース部品として活用されることとなっています。

現代の世界では様々な国が工業化を始めているため、地球上に存在する資源の価値はハイスピードで高騰していますから、こうした国内にある資源を有効活用するということは、環境に配慮するということのみならず、日本の国力を保つという意味でも非常に有意義なことなのです。
このように現代で廃車として扱われるような自動車であっても、それが無価値であるということは決してなく、貴重な資源の塊であるといえるようになったのです。

廃車手続きを委託

2014-10-13

廃車手続きを委託して廃車すること


廃車手続きは一般になかなか個人ですることはないことですが、購入した大手自動車のディーラーや中古車販売業者、あるいは自動車関連を主にしている行政書士などに依頼して廃車にするという流れが一般的です。
なぜならば、そろえるべき書類もそこそこ多くあり、また運輸支局に行って手続きを取る必要がありますが、運輸支局は役所ですから平日日中にしか開いていません。そのため、会社員などの人の場合には休みを取って手続きをする必要があることから、時間的にかなり難しい手続きになります。

こうした廃車手続きについては、運輸支局の近隣には行政書士事務所がたくさんありますし、また行政書士の団体である行政書士会などで聞いてみれば、運輸支局近くでやっているところなどを教えてもらえる可能性もあります。

廃車は自動車に乗らなくなれば速やかに売却するか、この廃車の関連手続きを必ず行っておく必要があります。いずれまた乗るからと言って放置していても、自動車税の課税がなされたりあるいは万が一その自動車が盗難などに遭って交通事故でも起こされたりすれば、いくら乗っていない、また、盗難された自動車だと言ってもその責任を問われる可能性はあり得ます。そのため、当面乗らないのであれば自動車の前と後ろの2枚のナンバープレートを外して運輸支局に返納して、通常の廃車手続きである抹消登録を行っておくことが大切です。こうすればその抹消登録月の翌月以降は自動車税が課税されませんし、また任意保険などに加入していれば、解約することで維持費のコストカットを行うことができます。

廃車にせずにおいておけばその分維持費がかかり続けますし、また乗ろうと思った時にはその自動車の点検費用が掛かると予想されます。維持費の面から言ってもそのまま置いておいても結局のところ相応に費用は掛かりますので、その費用を抑えようと思えばナンバープレートを外して抹消登録をすることが大切となります。

廃車自体はそれほど費用が掛かるものではありませんが、余裕者の印鑑登録証明が必要になるので、その点所有者が別人たとえばローンを組んで購入している場合などは、ローンを完済してから所有権を抜いてもらうことが必要になるなど、多少やるべきことが増えます。また、親子の関係で保険料を安く抑えたいと考えて、親を名義人にすることがよくあります。この場合もその親の印鑑登録証明が必要になりますので、あらかじめ連絡をとって用意する必要があります。

廃車買取業者の利益

2014-10-13

廃車買取業者の利益はどこから出るの?


現代の日本ではかつてまでは盛んではなかった事業が一般的に行われるようになっており、中には数千万円や数億円といったような多額の利益を出しているケースがあります。

そうした「かつては盛んではなかった事業」のひとつとして知られているのが「廃車買取」という事業です。

これまでは走行の機能を失った自動車は鉄材としての価値しかないものとされており、タダ同然の価格で引き取られていくのが通常でしたが、昨今ではすでに中古車として価値がない廃車であるにもかかわらず、数万円近い値段で買い取られていくことがあります。
では中古車として価値のない廃車を買い取る業者は、どういった場所で利益を上げているのでしょうか。

これに関しては大きく分けて二つの方法による利益があります。

まず一つ目が「資源価値」としての利益です。昨今に製造されている自動車のほとんどは、黎明期などに作られた古い自動車とは比べ物にならないほど優れた性能を発揮できるようになっています。

走行性能という面ではもちろんのこと、部品の耐久性という面においても、かつてとは比較にならないレベルになりました。
耐久性が優れた部品なのであれば長い時間使用されたとしても、再利用に問題ない状態を保ち続けているケースがあります。
また最近ではリサイクルの技術も進歩しましたので、かつてまでは捨てるしかなかった部品などに対してリサイクル資源としての価値が見出せるようになって来ました。

廃車買取業者はそれぞれ独自の販売ルートを有しており、廃車からでてくるこうした資源価値を有効活用することによって利益を上げているのです。
すでにそう高機能が失われているような廃車であっても買取をしてくれるという背景には、こうした資源価値の増加という一面があります。

二つ目が「海外市場の開拓」です。
日本で製造されている自動車は世界各国で非常に高い信頼を得ています。
中には「日本製の自動車なら十年や二十年は使用できる」と考えている消費者もおり、日本車は海外で非常に高い価格で取引されています。

廃車として出された自動車のうち、まだ走行することができるものや少しの修理で昨日を元に戻せるといったような自動車であれば、それは適切な手続きを踏んだ上で、海外へ輸出される可能性があるのです。

特に東南アジア方面の経済が活性化されるようになってからは、廃車の買取業者にとって非常に大きな市場が開拓されることとなりました。
現在存在している廃車買取業者は、大きく分けてこの二つの方法で利益を上げているのです。

廃車を引き取り

2014-10-13

廃車を引き取りに来てもらうときの注意点。


これまで使用していた自動車を処分することになったというような場合には、処分の方法としては大きく分けて二つの方法が考えられます。

基本となるのが中古車として買い取ってもらうということですが、実際には中古車として売却することもできないような自動車も存在しています。

特に不動車と呼ばれるような「動かない自動車」や、年式が古すぎて次の買い手がつかないような自動車の場合は、中古車として買い取ってもらうということは非常に困難となるでしょう。

そうした場合に自動車の処分の方法となるのが「廃車」として手続きを行うことです。
廃車にしてしまえば自動車税などはかからなくなりますから、場合によっては自動車を手放すために廃車手続きを行うというようなこともあるでしょう。

ですが先述したような「不動車」の場合、廃車にするにしても工場などへ移動させることができないということになりますから、必然的に「引き取り」に来てもらうこととなります。

では不動車を引き取りに来てもらうときの相場はどれくらいなのでしょうか。これは地域や工場から廃車の保管場所までの距離などによっても若干変わってくることになりますが、おおよそ一万円前後というのが相場になっています。

指定した場所まで不動車を移動させてくれる業者というものも存在していますが、業者によっては自社で廃車の作業を行ってもらえるのであれば無料で引き取りに着てくれるというようなサービスを実施している業者もありますから、必要に応じて選ぶようにするとよいでしょう。
ですが廃車を引き取りに着てもらうというような場合に注意しなくてはならないポイントもあります。

まず「交通事故などで突然引き取ってもらう必要が出た」というような場合には、どれだけ必要性が高くとも、安全性の高い業者を探すことが重要です。
特に事故現場などに突然現れて「レッカー移動しますよ」と言ってくるような業者に対しては警戒心を抱く必要があるでしょう。

作業前に費用などを伝えず、作業が完了してから高額の費用を請求されたというような事例もありますから、自身が納得して、自身が呼んだ業者以外には依頼しないようにするのが無難です。
また自宅などに保管している廃車を引き取りに来てもらったというような場合であっても、作業費用を確認すれば十分ということにはなりません。
何らかの理由で作業を待ってもらうというような場合には移動した後で保管費用がかかることもありますから、なるべくであれば保管費用が発生することはあるかどうかということも確認するべきといえるでしょう。
動かなくなってしまった自動車を個人が移動させるということには限界があるため、業者に依頼せざるを得ないというようなケースは少なくありませんが、依頼をするというような場合には必ず、慎重に判断をするように心がけましょう。

自動車を廃車

2014-10-13

自動車を廃車するなら売却をする


社会人の多くの人は、自動車を所持しています。通勤用に使ったり、趣味として持っている人も多いでしょう。車は消耗品なので、時間が経過するだけでも消耗をしていきます。使っていくうちに、タイヤが磨り減ってきたり、ぶつけたりすれば傷がつくこともあります。縁石にぶつけたり、他人の車にぶつけてしまって走行不可能になった場合には廃車を検討する人もいるでしょう。しかし、廃車をするにしても手続きや手数料を取られます。単純にごみとしてしまう場合には、時間とお金を支払わなければいけません。

しかし、使えなくなった自動車でも売却をすることでお金に変えることができるのです。売却をする前には、車の状態をしっかりと確認しておきましょう。フロントガラスの傷やエンジンの状態は売却をするときに大きく影響してきます。自走ができなくても、部品買取を行ってもらうことができるケースもあります。廃車状態の車を売却するためには、一括査定を利用するといいでしょう。

一括査定とは、ホームページ上で必要な情報を入力するだけで複数の企業が見積もりや査定額を出してくれるサービスのことです。自分では売れないと思っていても、企業の目から見れば値段がつくこともあるのです。車の部品でも需要がある場合もあるので、動かなくてもお金に変えることができます。査定をするときのコツは、複数の企業から値段を提示してもらって、それをもとにさらに交渉をすすめるのです。最初は値段をつけないといっていた会社も、ほかの企業の提示金額を示すことによって値段をつける可能性があるからです。本当なら、廃車のためにお金を払わなければいけない車を企業に買い取ってもらって、お金をもらうことができるのです。

日本では廃車と言われるような基準でも、海外では普通に走っている状態のものもあります。日本では、10万キロを目安に使えなくなると判断されますが、海外では10万キロを超えて走っている車は当たり前のようにあります。企業は、廃車と判断された車を引き取って、海外に輸出することで利益を出しているのです。この循環は、車を売る持ち主にも企業にも新たに車を購入する海外の人にもメリットがあります。車に関連した人たちが全員が得をするようなシステムなのです。

自分では、動かなくなったと判断しても一度はプロの人に判断をしてもらいましょう。思わぬ値段をつけてもらうことができるかもしれません。一括査定なら簡単に値段を知ることができます。

Copyright© 2014廃車処理について、得をする方法をお伝えします。 All Rights Reserved.